スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひな祭りの準備ですね。花桃を飾りましょう!

ひな


3月3日の「ひな祭り」は日本の伝統的な行事で、女の子の健やかな成長を祝うものですよね。

一般的には「ひな人形」を飾って、桃の花や菱餅を供えてお祝いします。

このような「ひな祭り」をお祝いするようになったのは、江戸時代の中期頃からだと言われています。
この頃から一般庶民のあいだで、さまざまな文化が繁栄していきました。

そんな中、「ひな祭り」も日本文化の一つとして普及していったのです。
もともと「ひな祭り」の日は、赤ちゃんが初節句を迎える日にあたります。

正式には“上巳(じょうし)の節句”といって、古来中国から伝わった3月の初めの巳(み)の日という意味をもっています。

ところで、“節句”という言葉…よく聞きますが、いったい何を意味しているのでしょうか?

五節句って?

『節句』って、よく耳にする言葉だけど何のことなのかよく知らない…という人もいるでしょう。
“節”は、中国の暦法で定められている「季節の変わり目」のことをいいます。

昔は、奇数の数字が重なる月には、良くないことが起きると考えられていたことから、その邪気払いの意味を込めて、宴会をするようになりました。
その良くない日というのは…1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日となります。ただ、1月1日は元旦ということで特別でした。なので、1月7日を人日の節句にして、七草粥を食べることでその年の無病息災を祈ったというわけです。

はなもも


なぜひな祭りに桃を飾るの?

中国では古くから、“桃の木には体の中の悪いものを取り除く力がある”と考えられていました。桃に対するその考え方が日本に伝わったことで、「ひな祭り」のときに桃が使われるようになったと言われています。

また、3月上旬は、旧暦では桃の花が咲く時期とも重なります。桃の花の可憐な美しさが、女の子のイメージにつながったのではないでしょうか。「ひな祭り」が「桃の節句」と呼ばれる理由は、ここにあったんですね!



プロフィール

KAIKAEN

Author:KAIKAEN
開花園がおすすめする旬の花

ご来店数
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。