スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、人気のクリスマスローズ!!

くりすますろーず 

クリスマスローズって名前からクリスマスの時期に花が咲くの?と思う方も多いのではないでしょうか?

そこで最初にクリスマスローズには大きく分けて2系統あることを説明します。

クリスマスローズと呼ばれるものはいくつかありますが、一般的に販売されているのは早春から春咲きで花色豊富なオリエンタリス系です。冬から早春咲きで白花のニゲル系もよく見かけます。オリエンタル系に比べると全体的に小型です。ニゲル系は冬のクリスマスの時期に花が咲くことからクリスマスに咲くバラをイメージしてクリスマスローズという名前が付いたと言われています。ほかにも原種系や原種とニゲルとの交雑種が出回りますが、それほどポピュラーではありません。

今では日本の四季に合った初春から楽しめるオリエンタリス系がとても人気があり、丈夫な花で清楚な印象と丈夫さから、ここ最近で一気にポピュラー種になりました。

初心者でも育てやすくうつむき加減の花を、冬のまだ寒いころから咲かせます。よく目立つ部分は苞なので、花期が長いのも特徴のひとつです。

寒い中でも常緑を保つ濃緑の葉は、手のひらを広げたように裂けており、株元から四方に広げます。暗い場所だと、少しだらしくなく葉柄が伸びてしまうのでなるべく明るい所で育てましょう。葉の高さと同じくらい花茎を伸ばしますが、原種系の中には丈が50cm以上の高さになる種もあります。

植える場所は半日陰の庭植えを好みます。落葉樹の下や半日陰の庭によく合います。日向からやや暗い場所まで適応しますので深く考えなくても大丈夫です。しかし、肥沃で水はけのよい適湿からやや湿潤の土を好みますので乾燥には注意してください。また、葉が大きく、広がりやすいので葉を間引きして株間を考慮してください。数年で大きな株になりますので株間を50cm以上はあけて下さい。常緑を保つので冬に寂しくなりがちな庭にも向きます。庭植えのクリスマスローズはおよそ6~8年が植え替え・株分けの目安になります。

鉢植えの場合、株姿はきれいにまとまりますが花つきがやや悪くなるのが難点なのでなるべく大きなポットに植えて下さい。 また植えてある他の植物との間隔などが狭くなったときも植え替えをして下さい。花が咲く前は毎年、植え替えをするようにして順次、鉢を大きくしていきます。

大きな株になってこれ以上は鉢を大きくできないというときは株分けをしましょう。本格的な植え替え・株分けは秋が適期です(9月下旬~10月にかけて)。寒さが訪れるまでに根が十分張れるようにするためです。

クリスマスローズには冬に花を咲かせるニゲル系と春から花を咲かせるオリエンタリス系がありますが、これから販売されるオリエンタリス系は一重咲きと八重咲きがあったり色も豊富です。色や花姿によって高価な品種もありますが、皆さん一度楽しんで見ませんか?
スポンサーサイト

秋の寄せ植えに挑戦!!

秋のガーデニングの時期になりましたね。植物を楽しむなら『花壇植え』と思うかもしれませんが年々増えているのが『寄せ植え』。

a0139105_20122512.jpg

お庭や花壇がない人でも、お好みのポットに数種類の植物を植え玄関先に飾りガーデニングを楽しむ人は年々増えています。
今回初心者にも分かりやすく秋の寄せ植えのポイントをお伝えします。

秋の草花は、落ち着いた花色で姿もすっきりしたものが多いので、寄せ植えで秋色を演出するのにピッタリです。さらに紅葉した枝物や熟した実物も、秋の深まりをよりいっそう感じさせてくれます。

好きな草花にそうした植物をうまく組み合わせて、個性的な寄せ植えを楽しんでみませんか。寄せ植えは、長く愉しめるはもちろんですが、つぼみが開いたり、葉が色づいたり、実がなったり植物の変化を体感し、小さい世界ならではの凝縮された風情を身近に感じることもできます。

それでは寄せ植えの作り方を簡単に説明します。まず植物の選び方ですがどんな感じにまとめたいか、テーマやイメージを決めて取り組みます。例えば、色で楽しもうとか、風に揺れる秋の野原の雰囲気で、といった具合です。植え付ける際には、生長した姿を想定し、事前に鉢に並べてレイアウトを考えます。

秋らしい風情を出すには、色数を抑え、均等に配置せず自然な感じにまとめます。
紅葉した枝ものや熟した実ものを取り入れると、秋らしさが増します。草丈の高いもののまわりには背の低いものをあしらって、安定感を出します。吊り鉢にする場合は、垂れ下がるものを添えると動きやボリュームが出て効果的です。そのなかで、取り合わせる植物に変化をつけてコーディネートすることです。

枝ものは力強さや枝ぶりのおもしろさが味わえ、落葉樹なら紅葉、晩秋の裸木もシルエットが味わい深いものです。実ものは、花とは違った存在感があります。

寄せ植えする植物が決まったら、植え込むポットと土を選びましょう。植え込むポットはプラスティック製や素焼き鉢などいろいろな種類がありますのでお好みの雰囲気に合うものを選びましょう。

寄せ植えに選んだ商品が全て入り、かつ隙間が5㎝以上とれるポットを選んで下さい。土は肥料が入った花の培養土があります。鉢底ネットを鉢穴の上に敷きナメクジなどの害虫が侵入しないようにしましょう。鉢の3分の1くらいの高さまで培養土をいれ、ポットに入ったままの苗を鉢の中に入れて仮置きをし、配置を考えます。

寄せ植え2


背の高いもの、中くらいのもの、低いもの(もしくは垂れ下がるもの)を組み合わせるといいでしょう。背の高いものは中央か、後方へ置くときれいに見ます。ポットの底の穴の部分に指をあて、下から軽く押し出してやります。決して苗を引っ張らないように!!もう一方の手は根元に軽く手を添える程度で。どうしてもポットから外れない時はポットの側面や底を軽くたたいてみましょう。

背の高いものから順に,少しずつ土を足しながら植えます。あまりぎゅうぎゅうに植えず、株間を十分にとりましょう。土は鉢のふちから下2cmくらいの所まで入れましょう。2cmほどあけるのは水やりの時、土が溢れ出ないためで、ウォータースペースといいます。

土を入れ終わったらわりばしで土をつつき、土にすきまができたところには再度土を足します。鉢の底から流れるまでたっぷりとやります。この時苗にかぶった土も洗い流してやりましょう。秋はたくさんの種類の草花苗が店頭に並びます。ぜひ、お気に入りの花を見つけて寄せ植えにしてみましょう。

そろそろシクラメンの時期です。

シクラメン1

シクラメンは、学術的にいうとサクラソウ科シクラメン属の多年草です。

主に冬の花として有名で、人気があり、育て方しだいで、何年も生きる花です。シクラメンは赤からピンク、白などの定番色に加え、黄色や紫の珍しい花色、花形では八重咲きや花弁にウェーブが入るロココ咲きなど、さらには香りをもつ品種まで、毎年次々と新品種が発表されています。

シクラメン2


お歳暮に出回り、「春まで咲く」ということで人気のあるシクラメンですが、意外と枯らせる人が多いです。

一番多いのが「暑さ」…実は人が生活するくらいの気温に置いているとすぐにグッタリとします。また、霜に当たっても枯れる。面倒だなぁ、と思いますが、しかしこの条件さえクリアすれば、底面給水で水やりも楽、開花期間も長いといいことづくめ。人気があるのも納得です

まず、シクラメンを購入する際には、葉が多くパリパリしていて花の茎がしっかりしているものを選ぶと良いでしょう。。葉の数だけ花が咲くと言われています。

購入したら、冬の間は15度以下、5度以上の場所に飾りましょう。リビングなどの気温が15度以上になる場所は暑すぎです。花首がダラリと垂れてしまいます。 また低すぎて霜に当たると枯れます 。霜が降りるようであれば室内に取り込んでください。花がキレイな間は玄関のような少し涼しい場所で観賞するのがオススメです。


花が咲いている間は日光は当たらなくてもOKです。もちろん当たったほうがいいですが、花が咲いている間は玄関など、人が通る場所に置いて、せっかくなので花を楽しみましょう。日光不足で葉っぱが黄色くなってきたら、日当たりへ移動します。
暖房やクーラーの風が直接当たるような場所は避けてください。

シクラメンの鉢のほとんどが底面給水と言って、鉢底に水をためるモノが設置してあります。そこに水を切らさないようにしていれば、水切れで枯れることはありません。底面給水のタイプであっても、たまには土の上から水をやってください。土の中や土の上に肥料があり、底面給水だと、吸い上げきれずに肥料が行き渡らず、花つきが悪くなる場合があります。水やりは土から飛び出している球根部分に水が掛からないようにしてください。球根は湿気に弱いです。

一回でも水をやれば枯れるという訳ではありませんが、毎回球根に水が掛かっていると徐々に傷んできます。花も徐々に終わってきますが終わった花は、葉っぱの中に指を突っ込んで根本からひねって抜きます。プチって音がしますが気にしなくて結構です。ハサミで切ると、切り残しが腐って病気の元になります.


9月~翌5月までは、2ヶ月に1~2回の割合で土の表面に化成肥料を施すか、1週間~10日に1回の割合で1000~2000倍に薄めた液体肥料を施します。液体肥料は底面吸水鉢の場合、鉢の底の受け皿に薄めたものを入れます。
化成肥料の回数の目安は、寒いときは2ヶ月に1回で暖かくなったら1ヶ月に1回です。


 来年も花を咲かせたいという方には、葉を枯らして球根だけの状態で夏越しさせる「休眠法」と、葉を残して生育させながら夏越しさせる「非休眠法」の2つの方法があります。
休眠法や非休眠法については、説明すると長くなるので申し訳ありませんがインターネットで検索して参考にして下さい。これからの来客の多い時期にシクラメンを玄関に飾り、華やかさを演出してみて下さい
プロフィール

KAIKAEN

Author:KAIKAEN
開花園がおすすめする旬の花

ご来店数
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。