スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬にオススメな身も心もぽかぽかになれるハーブ

ハーブ


冬は内側からぽかぽかしたいですよね!冬の毎日におすすめなハーブをご紹介します!

1.ジンジャー
B jinnjya

乾燥ジンジャーでハーブティを入れた上、生のジンジャーも加えると風味も楽しめます。
レモンとはちみつを入れると飲みやすいですし、他のハーブとブレンドするとよりおしくなります。

温かいジンジャーティーを飲めば身体もぽっかぽかに!

2.ローズマリー
H ro-zumari

ローズマリーは昔からその抗菌作用を信じられ、オリーブ油につけたり香辛料として使うなど食用によく使われています。またクローゼットなどに飾ってニオイ取りや防虫剤として使用するなど様々使い道があるようです。
ティースプーン1〜2杯(生なら2〜4杯)に熱湯1カップを注いで待てばOK。集中力まで高めてくれるらしく、ハーブティは受験生にピッタリ!まさに冬のためのハーブですね

3.セージ
H se-ji

セージは抗菌作用があるらしくお肉の臭み取り等で重宝されています。のどが痛い時はハーブティで飲むと痛みを和らげてくれるそうです。
生葉を布袋などに入れてお湯に浮かべて入浴してください。また古くからアロマテラピー等に利用されていたそうですので、香りで癒されるのも良いですね!

4.シナモン
H sinamonn

シナモンって取り入れるだけでお菓子やホットドリンクがワンランクアップしますよね〜。
最近話題の「ホットビール」にもシナモンを入れて楽しむもの。元々はドイツで冬に身体を暖めるために飲まれているものでした。
香りだけでも癒やされて、暖かい飲み物でほっこりタイムなんていかがでしょうか!
ビールをコップに注いて砂糖を入れレンジでチン!シナモンスティックでかき混ぜます。
体がとっても温まりますよ!

5.タイム
H taimu

古くから各国でとても重宝されていたハーブです。
エジプトではミイラの防腐剤として、ヨーロッパでは流行病の際タイムを焚いて空気を浄化、冷蔵庫がない時代には食品に加える事で保存剤として使われていました。
長い歴史のなかでもその抗菌作用が信じられていたんですね。つらい風邪を引いた時に取り入れると良さそうです!
ハーブティに入れて飲むとぽかぽか!お子様にははちみつレモンやはちみつホットミルク等もおすすめです。

6.レモンバーム
H remonnraimu

とっても育てやすいことでも知られているレモンバームの葉っぱは、いい〜〜香りで癒されます♪
あったかいレモンバームフットバスで足元から身体をぽかぽかにしてくれます!リフレッシュ・リラックスタイムにいかがでしょうか。



スポンサーサイト

福井県の花「越前水仙」の地方発送 開始しました!

毎年、12月になると越前水仙の入荷が始まります。

水仙


「越前水仙」とは、越前海岸に咲く日本水仙の総称。越廼村の居倉地区が発祥地で、日本三大群生地のひとつとして広く知られています。

冬が訪れるころ、水仙たちは寒さから身を守るように寄り添いながら、海岸風景を白く清々とつつみ込みます。

一花茎に4~8の花弁をつけ、また香りは甘く清楚でミカンの芳香にも似ています。

毎年、福井県の花 「越前水仙」をお歳暮に贈られる方が多数おられます。

今年も全店にて地方発送の予約を開始しました。 

詳しくは店係員までお問い合わせ下さいませ。

葉ぼたんを植えよう!!

冬と言えば、門松でおなじみのハボタンがたくさんと入荷します。

ハボタン2


今回、ハボタンについて簡単な説明をしますので、読んで下さい。

ハボタンはキャベツの仲間で、食用ではなく観賞用に改良された植物です。

寒くなる時期に葉がピンクや紫に発色し、お正月の寄せ植えや門松の根元に植え付けられます。

園芸品種として現在出回っているものは直径30cmくらいの大型種が主流で、最近では小さな鉢植えにもできるくらいミニ種も見かけるようになりました。

品種は「丸葉系」「ちりめん系」「大阪丸葉系」「サンゴ系」の4系統に分けられます。

それぞれが個性的で、特長のある草姿をしていますので、冬はハボタンだけでもバラエティーに富んだ花壇を演出できます。

ハボタン1


生育していくにつれて下のほうの葉っぱが大きくなりだらしなくなってきます。ときどき大きくなりすぎたり霜などに当たって傷んだ下葉を取り除き、草姿を整えてあげましょう。

置き場所は苗の時期は半日陰に置いて、生長するにつれて徐々に日光によく当てるようにします。

生育期間中は特に日光によく当てるようにしましょう。葉っぱが色づいてきて鑑賞期にはいると、あまり強い日光に当てると色づきが悪くなります。

でも、だいたい鑑賞期は冬で、日射しもそれほど強くはないので、植える場所などには特に気を使う必要はないでしょう。

耐寒性は非常に強いので、特に防寒作業をする必要はありません。

普段は土の表面が乾いたら控えめに与えて、乾燥気味に保ちます。

苗の時期は植え付け直後は根がしっかりと付くまでたっぷりと水を与えましょう。

肥料は植え付けする際に土の中に元肥として混ぜておきます。10月以降、発色後に肥料を与えると(特に窒素分の多い肥料)葉の色づきが悪くなったり遅れたりしますので、10月以降に肥料を与えてはいけません。

水はけのよい肥沃な土なら特に選びません。

植え付けは苗が発色したあとにおこないます。

だいたい適期は10月の終わりから12月頃です。大株を花壇に植える場合は、株と株の間がほとんどないくらいぴったりと詰めて植え付けをおこないます。(大株ならそれ以上、横に広がることはないので)年を越して花が咲いたあとの株は4月頃に植え替えをおこないます。

ハボタン3


ハボタンは鑑賞期間も長く、寒い冬を暖かな気持ちにさせてくれる植物です。

是非、皆様もハボタンを植えてみて下さい。

観葉植物の冬の管理方法と注意点

室内で比較的簡単に育てられる観葉植物。なのに1ヶ月で枯らしてしまう方もいれば、10年同じ植木を育てている方も・・・その違いとは?

K29.jpg


観葉植物とひとくちに言っても様々な種類があり、それぞれに違う性質を持っています。すべてに当てはまるわけではありませんが、一般的に多いのが下記の例です。


反応は少ないようだけど、動物のペットと同じです。


「観葉植物、好きでよく買うんだけどいつも枯れちゃうの。」お客様はしばしばそうおっしゃいます。
第一の原因は観葉植物からのサインに気がつかないこと。「水が欲しい、水が多すぎる、光が足りない、土がやせてきた、鉢の中で根がもう一杯だよ・・・・・」観葉植物は何らかの形で訴えています、でも気がつかないだけ。

人間の子供は不足があれば言葉で伝えます、動物のペットだって態度で伝えます。でも何を伝えたいのかわからなかったり、気がつかなかったりすることがあります。

じゃあ観葉植物は?そうですよね、反応が動物に比べると小さいのでより気がつきにくい、気がついたときには手遅れ・・・。

K22.jpg


エアコン、冷暖房の冷気、温風の当たる場所

人間でもそうですよね、人工的な一定の風がずっと当たっていると風邪を引いたり、お腹をこわしたり、体調を崩してしまいます。観葉植物も同じで、乾燥した空気を当て続けられると当然のこととして枯れてきます。
お気をつけください。目安は葉っぱが風で揺れていないこと。


留守がちの家、ドアや窓を閉め切った部屋

先ほどとまったく逆ですが、まったく風がなく空気が動かなくて淀んだ場所でも観葉植物は枯れます。

皆さんもご旅行をされたときや何日間かおうちをお留守にされたとき、帰ってみたら水分は切れていないのに観葉植物が枯れていたことありませんか?またそういうお部屋では害虫も発生しやすい条件がそろいます。

観葉植物はできるだけ風通しが良い(空気の流通の良い)お部屋に置いてくださいね。

K21.jpg


真っ暗なお部屋では観葉植物も育ちません

室内の明るさでも育てられる観葉植物ですが、そのなかには耐陰性があり暗めのお部屋でも何とか育つ観葉植物があります。とはいえ真っ暗なお部屋、また薄暗いお部屋では確実に観葉植物の健康は損なわれてきます。

新芽が白くなったり、やけに間延びしたり・・・また人と同じで病弱になります。
一般的な目安ですが、葉の面積の大きなものは暗いところでも比較的強く、葉の小さなものは逆に明るい場所を好むって頭の片隅に置いといてくださいね。


観葉植物を強い直射日光には当てないで

本当は明るいところが好きな観葉植物でも、夏の直射日光は強すぎる場合が多いです。観葉植物は枯れなくても葉の色が悪くなり(葉焼け)観賞価値が下がります。
特に室内にずっと置いていた観葉植物をいきなり直射日光にさらさないでくださいね。

K19.jpg


最後に、だからと言って・・・

観葉植物の置き場所を頻繁には変えないでくださいね。観葉植物は元々人間が場所を動かさない限り自分で移動するということはありません。


観葉植物にも肥料は必要です、でも多すぎないように注意してくださいね。

お買い求めの液体肥料や固形肥料、説明書に必ず与える量の目安が書いています。観葉植物の場合、書いているよりも少し少なめにするのが肥料やりのコツです。

また本当は油粕や骨粉などの有機肥料が良いのですが、虫が発生しやすいのと臭うのが特に室内では玉にキズですね。

肥料をやらなくても観葉植物は枯れません?

肥料は必要ですがやらなかったからといって枯れることもありません。ただ肥料をやった場合にくらべ育ちが少し劣るということです。テクニックとして大きくしないように肥料をやらないこともあるのです。
だからといって「肥料をやらなくてもいいやっ」てことではないので念のため。特に最近元気がないといって急に肥料をやる方がいますが、あれはかえって逆効果。原因は他にあるはずなのでそちらを解決しないと観葉植物は元気になりません。

K2.jpg


観葉植物は寒い時期に肥料は要りません

肥料が必要だからといって常に必要なわけではないですよ。温度が下がる秋から春(11月~4月くらい)までの間は観葉植物も休眠状態ですので、肥料は要りません。(しかし光合成の活性肥料は散布するといいです)


黄色いアンプルは万能ではありません

黄色や緑のアンプルの活力剤を万能薬のように考えておられる方がいますよね。肥料の基本は窒素、リン酸、カリです。あのアンプルはそれ以外の微量要素が含まれていますので、あれだけを与えるということはご飯を食べさせないで、おやつを与えるようなものです。

もし元気がなくなった観葉植物にあのアンプル活力剤を与えて、劇的に元気になったって方がいらっしゃったら教えていただきたいくらいです。でもアンプルそのものが悪いわけではないんですよ、要は使い方の問題なのです。観葉植物の肥料は窒素、リン酸、カリが均等に入ったものか、少し窒素分の多いものが良いですね。

そのうえで必要に応じて他の栄養剤も使ってくださいね。


お水をやるときは必ず鉢底から水が出てくるまで、たっぷりやってくださいね。

なぜなら、毎日少しずつ水をやると、植木鉢の上のほうは常に濡れているけれど、肝心の根の先がある鉢底に近いほうは乾いたままなのです。水分を好む観葉植物とそうでない観葉植物は一回の量ではなく、週に一回とか二回とかの間隔で調整してくださいね。


受け皿に水をためないで

実はこれって“ホント”でもあり“ウソ”でもあるのです。だって私は時々やりますから・・・

そうなんです、家を空けるときとか観葉植物の様子を見ながら、短期間溜めてる分には問題ない場合が多いのです。但し調子に乗ってラクチンだからといつまでもやってると、根の先が呼吸できなくなりひいては根腐れを起こしてしまいます。特に寒い時期はだめですよ。


観葉植物の水やりは鉢の周りに満遍なく

そうほとんどの方は水やりをするとき、植木鉢の正面一ヶ所からお水をやります。でも考えてみてください、一ヶ所からやると水は鉢の中全体に行き渡らず、その場所を真下に抜けてしまいます。そうすると鉢の裏側の根には水がいきません。一鉢に一株ならまだしも、特に寄せ植えの場合などは裏側にある植物が必ず枯れてしまいます。ですから水やりは植木鉢の周囲に満遍なくお願いしますね、特に大きい鉢ほど。


観葉植物の水やりは夏多めに冬は少なめに

年がら年中同じペースで水やりしないでくださいね。夏は乾きやすく冬は乾きにくい、また明るいところに置くほどたくさんの水を欲しがりますし、暗いところに置いた観葉植物は少なめに。
冬は水を控えめにすることによって耐寒性を高めることもできちゃいます。でも冬季暖房が強く掛かった乾燥したお部屋では、意外と早く乾くこともあるので注意が必要。なんといっても土の表面に手を置いて乾燥具合を確かめるのが一番なのですが・・・

お客様からのご相談で一番多いのが水やりの多すぎによる、根腐れ。水が少なすぎる水切れは水をやると元に戻ることが多いですが、根腐れをおこすと水やりをストップして様子を見る以外に方法がありません。
一度腐った部分は絶対に元に戻りません。


土がカラカラに乾いてしまったら

うっかりして土がカラカラになるまで乾かしてしまったら、鉢の上から水をやっても植木鉢とカチンカチンになった土の間を水がすり抜けるだけです。

ではどうすれば・・・鉢が小さい場合は、鉢ごと水を一杯に張ったバケツにブクブクって空気が全部出るまで浸けてください。でもバケツに入らない大きい鉢の場合は、ゆっくりと少しずつ水が土に吸収されるのを確認しながらお願いします。

「これ植え替えないとだめ?」

お客様が観葉植物を購入されるときよくある質問なのですが、少なくとも寒い時期(福井では12月~3月)にはできるだけ植え替えしないでくださいね。
またご購入時の鉢の大きさは小さいように見えても、そのままで2年くらいは十分に育ちます。
それでもどうしてもしたいときは、古い植木鉢から根と土が離れないように抜き、そのまま一回り大きな鉢に植え替えてまわりに土を入れましょう。なぜなら寒い時期は根が休んでいるときなので新しい土のなかに上手に張っていけないのです。

種類にもよりますが2年に1回ぐらいひとまわり大きな鉢に植え替えます(5月中旬から6月下旬が最も適しています)

長い間そのままにしていると抜いてみたとき鉢の中で根がいっぱいになっていてびっくりすることもありますよ。

お問い合わせ殺到【モミの木】が入荷しました!!

お客様から問い合わせが多かった【モミの木】が入荷しました!

もちろん本物のモミの木!!

もみの木


本物志向のあなたなら、やっぱり、この木にこだわるはずですね?

代用品で出回っているドイツトウヒ(ピッシャー)やゴールドクレストにはない、肉厚な葉と、
性質の強さは他の追随を許しません。

お庭に。ベランダに。お店のウエルカムに。
是非是非お早めに・・・。

日当たりが良く風通しの良い場所を好みます。

成長は遅い方ですが、刈り込みの必要もなく、自然樹形のままで楽しめます。

耐寒性は非常に強い方ですが、夏場に水を切らすとハダニが発生することがあります。

また、狭い場所では、葉先が傷みやすいので、極力余裕のある場所に設置して下さい。

本店にて販売中です!限定5本限りとなっておりますのでお早めに!!

大きさ 価格に関しては開花園本店まで思い合わせ下さいませ!!

今年の実付きは最高です!!

今年も入荷しました!!!

chekka-.jpg

11月中旬から人気の高い...................

【チェッカーベリー】

今年の株は更にボリュームアップ!

3寸ポット苗なのに直径15cmあるものも。

葉のボリュームがありすぎて、実が中に隠れているものもありますが、どの株も実がいっぱい♪
 
たわわに実った紅い実付きのチェッカ―ベリー。

その実が大きくて立派な「ビッグベリー」です。

存在感ありすぎなほどです。

紅い実ものは、クリスマス気分もお正月気分にも浸れてウキウキ♪

冬のお庭やベランダに1つは欲しいものですよね。

しかも、実ものの嬉しいのは、お手入れがまったくいらないーということ。

何年も前から取り扱おうと思っていたものの、実のついていない苗だったり、実つきの悪い(少ない)苗が混ざっているなど、安定した良い苗を皆さんにお届けできそうな良品ばかりがなかなか手に入らず見送ってきました。

それが、昨シーズンは、「良すぎ!?」と思うような苗が入荷できて初入荷♪

ポットからあふれる枝葉、そこにたわわに実ったヒメリンゴのように大きな実。

すでに大きくなった実は、直径約2㎝ほどもあるんですよ。

少し高め?

いえいえ、この株でこの価格はかなりお得です。

これをスッポリプラスチック鉢に入れて鉢物として出荷されると・・・価格は倍近くに跳ね上がるんです。

苗で出荷して下さって感謝♪ですね。

もちろん、霜も平気!

しっかり寒さに当ててあげてくださいね。

春までこのまま実を鑑賞。

夏には可憐な白い花を咲かせて秋に結実、そしてまた寒くなると真っ赤に色づくのです。

夏は涼しいところがベストです!

只今、本店にて販売中です!

是非...ご来店を
プロフィール

KAIKAEN

Author:KAIKAEN
開花園がおすすめする旬の花

ご来店数
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。